カプセルと果物
  • ホーム
  • ダポキセチンと男性ホルモンの早漏防止グッズ

ダポキセチンと男性ホルモンの早漏防止グッズ

早漏防止グッズの中には、男性ホルモンを含んでいるものがありますが、外用薬として用いたときに効果が実感できるとは限りません。
男性ホルモンは性欲を高める働きがありますが、多すぎると感情の起伏が激しくなったり、薄毛になるなどの副作用があります。
健康的な方法で男性ホルモンを増やしたい場合は、筋力トレーニングをすると良いとされていて、とくに大腿四頭筋などの大きな筋肉を鍛えることでホルモンの分泌を促すことができます。
中高年の男性は、このホルモンの分泌が減少するので、筋肉量を増やすなどした不足を予防しないと、気分が落ち込んだり、趣味などに対する意欲も低下することがあります。
男性ホルモンが不足すると男性の場合はうつ症状がでるので、早めに病院で検査を受けて、ホルモンバランスを整える必要があります。
性欲の低下もこのホルモンに関係して起きるので、セックスレスに悩んでいる場合には、男性専用のクリニックなどを受診して検査を受けて原因を特定することが大切です。
ダポキセチンは早漏予防をするために開発された薬ですが、勃起改善薬と同時に服用すると、セックスを長時間楽しむことができるということで、世界的な人気商品になっています。
ダポキセチンはSSRIの薬なので、服用を継続するとうつ病などを改善することができますが、意欲の低下や性欲の低下を招きやすいので、医師の指導にしたがって服用しなければなりません。
セックスの1時間前に服用すると射精までの時間を長くすることができますが、挿入してもペニスの感覚が鈍ってしまうので、思い通りに射精できなくなる可能性もあります。
薬の服用に抵抗がある場合は、早漏防止グッズを用いることで、射精までの時間を長くすることができます。

サイト内検索
人気記事一覧