カプセルと果物
  • ホーム
  • 呼吸とダポキセチンで早漏の克服を目指す

呼吸とダポキセチンで早漏の克服を目指す

早漏に悩んでいる男性は呼吸に意識をすることで、幾分射精までの時間が伸びると言われています。
また性行為の最中に、セックスとはかけ離れたことを考えると射精を遅らせることができ、一度くらいは男性であれば試したことがあるはずです。
荒唐無稽のように聞こえますが、これらの対策は一理あるようです。
ヒントは呼吸です。
息をするときに副交感神経が優勢になることで、リラックスすると言われています。
緊張しているときに深呼吸すると落ち着くのはそのせいです。
射精をするのは交感神経が有利になっており、それを上回るためには副交感神経を有利にしなければなりません。
そこで活用したいのが呼吸です。
射精をしそうになれば、呼吸を意識することによって幾分射精のスピードを遅くすることに貢献する可能性があります。
ただしそれで克服できるほど甘くないのも早漏問題です。
いままでたくさんの対策方法がありました。
従来の方法であれば男性器を麻痺させる成分を使って、刺激を弱める方法もありますが、女性が触れてしまうとパートナーにも問題を引き越します。
コンドームが必要なセックスになり、家族計画を立てているカップルであれば、なかなか難しい早漏対策になるでしょう。
パートナーにも迷惑が掛からずに、効果的な早漏対策を望んでいるのであれば、ダポキセチンをおすすめします。
この医薬品は脳内に働きかけることで早漏を改善する方法です。
射精をしそうになるとノルアドレナリンが分泌されます。
落ち着かせるためにはセロトニンが必要になり、ダポキセチンはそれを薄くさせない作用を働きます。
ノルアドレナリンの分泌を優勢にしないための医薬品がダポキセチンです。